TOP
診療時間 9:30~12:30/15:00~19:00
(土曜日は17:00まで)
休診日 水曜・日曜・祝日
03-3701-5785
東京都世田谷区等々力3-6-15 NANOK'sビル 302
TOP > 皮膚科

皮膚科

 アトピー性皮膚炎、湿疹、かぶれ、ニキビ、水虫、イボ、蕁麻疹、脱毛、油性肌、乾燥肌、かゆみ、その他皮膚に関すことすべてをあつかいます。

 アトピー性皮膚炎は典型的な皮膚科の病気ですが、当院では一般的な治療以外にも、入浴法、保湿、化粧品の選択など日常生活におけるスキンケア、また色素沈着に対する美白クリームやレーザーによる治療も積極的におこなっています。

 ニキビについては、今あるニキビを治すことが現状の皮膚科治療ですが、ニキビ予防のため、またニキビ痕の治療として、ケミカルピーリング・レーザーピーリング・光治療もおこなっています。

アトピー性皮膚炎

 遺伝的に皮膚が弱いという体質が基礎にある皮膚炎をアトピー性皮膚炎といいます。
湿疹の引き金となるのはアレルギー性のもの、非アレルギー性のもの、そしてその両方によるものにわけられます。

  アレルギーの原因となるアレルゲンは血液検査・パッチテストなどで調べることができますが、代表的なものはダニ・ハウスダスト・カビなどの室内アレルゲンです。

  また非アレルギー性のものとしては皮膚の乾燥、擦りすぎ、汗、かぶれなどの刺激が考えられます。
治療は皮膚科学会の治療指針に準じますが、予防的な保湿・保護、炎症を抑えるステロイド・免疫抑制剤、かゆみを抑える 抗ヒスタミン剤が中心になります。また日常のスキンケアの重要性は言うまでもありません。

ステロイドのウソ・ホント(資料:鳥居薬品)

1. ステロイド外用剤を一度使用するとやめられなくなる:ウソ
  炎症を押さえるために使うので安定しているときに使うことはありません。
2. ステロイド外用剤を使用すると、ニキビ・おできができやすくなる:ホント
  細菌感染を引き起こすことがありますのでニキビは要注意です。
3. ステロイド外用剤を使用すると色が黒くなってしまう:ウソ
  炎症が色素沈着の原因です。ステロイドで炎症を早く治すことが大事です。
4. ステロイド外用剤を長期使用すると血管が浮いて皮膚が薄くなる:ホント
  強いステロイドを顔に使うと薄くなることがあります。

ニキビ

 毛穴がつまって皮脂がたまっておこる状態です。つまっているだけのものを白ニキビ、細菌感染をおこして赤くなってきたものをニキビといいます。
適切な治療をおこなわないと色素沈着や瘢痕が残ることがあります。

 

  原因は皮脂の量・質以外にも疲れ、ストレス、寝不足、化粧、不規則な食事、生理との関係があげられます。
治療としてはまず原因を避けることですが、丁寧に洗顔すること、 ビタミンB2・B6の内服、抗生物質の外用・内服が一般的です。

 当院ではそれ以外に、ケミカルピーリング、光治療もおこなっており、良い結果が得られています。

じんましん

 ジンマシンはヒスタミンという物質が分泌されることで起きる病気です。
症状はみみず腫れ(膨疹)、赤み、かゆみですが、数時間で症状が消失するという特徴があります。

 原因は大きくアレルギー性のものと非アレルギー性のものに分けられます。
アレルギー性のものとしては食べ物、のみ薬、ダニ・ホコリなどがあげられますが、原因に接すると必ずジンマシンがでます。
例えば、エビのアレルギーのある人はエビを10回食べれば10回ジンマシンがでます。
つまり原因が推測されやすいといえます。

 非アレルギー性のものには、急な温度変化、擦れる、疲れ、寝不足、ストレス、暴飲暴食などが上げられます。
肝臓が悪いとジンマシンがでることがあります。治療は原因を除去することと、抗ヒスタミン剤です。
ぬり薬は症状を和らげるため、のみ薬はジンマシンがでないようにするために使います。

イボ

 一般にイボといわれるものはウイルス性のものと加齢にともなうものに分けられます。
ウイルス性の代表的なものとして手足によくできる尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、プールで感染することの多い水イボといわれる伝染性軟属腫が上げられます。
尋常性疣贅は液体窒素を用いますが、小さいお子さんには痛みのないモノクロロ酢酸を使うこともあります。

 水イボは原則としてつまみとりますが、痛みが強いときには麻酔のテープを使います。
90~120分程度貼る必要があります。
いずれのイボもウイルスに対する抗体ができれば自然治癒しますが、いつ抗体ができるかはわかりません。尋常性疣贅はあたると痛くなる、見た目が悪いという理由で、水イボは人にうつすという理由で、治療します。

 加齢に伴うイボには主に顔にできる脂漏性角化症、首にできる線維腫などがあります。
悪性化の心配はありませんが、液体窒素や炭酸ガスレーザーでとることができます。

トビヒ

 皮膚表面で細菌感染がおこり、ジクジクした病巣が体中に広がる状態を指します。
もとになる疾患としてもっとも多いのは虫刺されですが、他にもあせも、かぶれ、アトピー性皮膚炎、すり傷、ひっかき傷もトビヒの原因になります。

 化膿している状態を直すためには3つのポイントがあります。
石鹸で洗うこと、軟膏を塗りガーゼで覆うこと、抗生物質を内服することです。
石鹸で洗うことは消毒することより清潔に保つことができます。ガーゼなどで覆うことで広がりを押さえることができるし、人にうつす可能性も減ります。
ただし絆創膏かぶれには注意しましょう。カットバンのような風通しの悪いものは避けたほうが良いようです。

 また広がってしまったトビヒには抗生物質の内服が欠かせません。
軟膏は細菌感染を抑える抗生物質、炎症を抑えるステロイド、乾かすための亜鉛華軟膏などを用います。
予防は初期の虫刺されなどをしっかり治療することです。

エキシマライト療法

エキシマライトとは

XeCl(キセノンクロライド)光源を用いた紫外線照射装置で、308±2nmの単波長を選択的に高出力で出すシステムです。当院のエキシマライトは、フランスQuantel Medical社製の308エキシマシステムを採用しており、従来国内で評価の高かったVTRACと同等の出力能を持ち、連続照射も問題なく行えるハンディ型の紫外線治療機です。照射部位の自由度が高く専用アタッチメントにより患部を直接確認しながら細やかな施術が可能です。内服や塗布、照射後の遮光の必要がありませんが、週に1,2回の通院が必要となります。

対象となる疾患

尋常性乾癬、掌蹠膿疱症や尋常性白斑など従来の方法では治療が困難な疾患に安全かつ有効な治療法であることが近年報告されています。またアトピー性皮膚炎でも標準的なステロイドや保湿剤外用で満足が得られないものに第2選択として使用されます。以上のもは保険適応になります。また保険適応ではありませんが結節性痒疹、円形脱毛症などにも有効だとされています。

エキシマライト